ブライダルチェックの内容と費用

みなさんはブライダルチェックについてご存知ですか?

「女性が結婚前に妊娠できるかどうか診てもらうこと」と考えている方が多いかもしれませんね。

ブライダルチェックでは、妊娠ができる状態であるかの他に自分の健康状態について、たくさんのことを知ることができます。

もちろん男性が受けることも可能です。ここでブライダルチェックの具体的な内容、費用をご紹介しましょう。

ブライダルチェックで分かることって?

ブライダルチェックで行う主な検査内容は以下の通りです。

・超音波エコー検査… 子宮や卵巣の状態を検査するもの。子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性がないか

・子宮頚部細診… 子宮頚部の細胞を擦り取って検査を行うことで、子宮頸がんの可能性を検査するもの

・感染症の有無についての検査… 性行為などによって感染するクラジミア、トリコモナス、HIV、淋菌などの性感染症や血液感染によって起こり、母児感染するおそれのあるするB型・C型肝炎などにかかっていないかの検査

・男性の精子精液検査…男性不妊症のための検査

子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病や子宮頸がんの初期段階は自覚症状がなく、気がつかないまま症状が悪化してしまうことがあります。

また、妊娠してからがんが発覚することも少なくありません。

感染症も初期段階では自覚症状がほとんどないものが多い病気です。

知らず知らずのうちにパートナーに感染させてしまったり、不妊の原因になることも。

また肝炎は気がつかないまま妊娠すると胎児が感染してしまうこともあります。

こうした妊娠を妨げる可能性のある病気はブライダルチェックで検査して、早めに治療することが大切です。

ブライダルチェックの費用はどのくらい?

ブライダルチェックは婦人科やクリニック、検査機関などで受けることができます。

費用の相場は一人当たり20,000円から40,000円程度といったところでしょう。

男性の場合、泌尿器科で受けるのが一般的ですが、最近はカップルで一緒に受けられる医療機関も増えています。

またブライダルチェックが自宅でできるセルフキットも販売されています。

こちらの費用は少し安めで2万円弱からあり、カップルで受けると割引になるところもあります。

特に男性の場合、ブライダルチェックを受けるのが恥ずかしいという方が多いためか、セルフキットを利用するケースも増えているようです。

近年、不妊に悩むカップルが増加していると言われていますが、原因は女性だけにあるとは限りません。

お互いの健康状態を知るためにもブライダルチェックはパートナーと一緒に受けるのがベストでしょう。

ブライダルチェックの通信販売

宅配ドクター

宅配ドクター

プライバシーに配慮

プライバシーに配慮した梱包と配送

検査精度

検査精度

検査キットの購入

提供元:ブライダルチェックの専門店・・・性病検査キット通信販売宅配ドクター